びん太の毎日ウォッチング
日常生活において気になったショッピング、本、ニュース等の情報を配信しています。       

情報は基本的に生モノですので、できるだけ最新記事からチェックしてみてください。

でも、ひょっとしたら過去の記事にも思わぬ掘り出し物があるかもしれませんよ。        RSS 人気blogランキングはこちら
--------このページでは次のような各種情報を扱っております--------
グルメ  ダイエット  健康  ビジネス本  ノウハウ本  マンガ  DVD  学習 
キッチン用品  生活用品  家電  携帯  ゲーム  おもちゃ  ペット用品 
ファッション  インテリア  運だめし  日記  懸賞付、相互リンク会員 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
自分で自分の鼓動を聴く
ネットサーフィンをしていると、たまに私でも思わず「?」と考えてしまうモノがあったりします。
本日は、まさしく第一印象がそんな感じだった聴診器に関する記事です。

医療用 聴診器(ダブル)  ピンク【Tsutomu World】

うーん、何のひねりもなく、ほんとにお医者さんが使っている普通の聴診器です。
しかし需要があるから販売されているわけですよね。一般の方が購入して、はたして何に使うのでしょうか?

パッと思いついたのは「自分の鼓動を聴く」という、いたって単純なものです。
でも自分で聴いて体調がどんなものかチェックする人って、そんなに沢山いるんですかね~?
それとも、自分の子供(特に赤ちゃん)の鼓動を聴いてあげる、という親の楽しみとかいう感じのがあるのかな?

あと他の用途というとコスプレぐらいしか思いつきません(^^;

私の発想では、どうにもならないようなので少し調べてみました。
とりあえず聴診器には「シングル」と「ダブル」の二種類があるとのことです。
ダブルは音を聞く部分が二箇所あり、一方が膜面で、もう一方がゴム面になっていて体表面の狭い場所や人間以外の音(構造物)を聞く場合に使用するのだそうです。

ふむ、少し分かってきましたね。そして聴診器の使用例として以下のように書かれていました。

・配管関係の音の収集
・精密機器の調整
・小学校のネイチャークラブ(自然のいろいろ)
・卵の孵化までの情報収集

つまり専門分野の仕事で使う方や、教育で使ったりするというわけです。なるほどな~。

そんなわけで、需要の秘密が何とか理解できてホッとしています。(^^;
ちなみに、さらにパワーアップされた「電子聴診器」というのも聴診器のパネシアンという専門店で見かけました。この世界も結構深いようですね。
スポンサーサイト

コメント
▼この記事へのコメント▼
▼コメントを投稿する▼
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
リンクさせていただいてるサイト様
サーチエンジン  こっそりサーチ 

Copyright © 2004 Powered By FC2. All Rights Reserved. まとめ RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。